【初心者向け】スマホ代を5000円安く!格安SIMの使い方徹底解説

節約

【初心者向け】スマホ代を5000円安く!格安SIMの使い方徹底解説

ほるほる
  • スマホ代を安くしたい!
  • 大手キャリアとのスマホの違いは?

 

このような疑問にお答えします。

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

格安スマホは、ドコモなどの大手キャリアに比べて月額費用が安く利用できるスマホです。

格安SIMを対応スマホに挿すだけで、格安スマホとしてコスパ良く利用できます。

結論からお話しすると、普通のスマホと格安スマホの違いは、大手キャリアのメルアドを引き継ぐことが出来ないくらのデメリットしかありません

格安スマホには、かけ放題オプションの付いたプランも格安で用意されているので、毎日たくさん利用する方でも充分なスマホとなっていますよ。

 

スマホ代を節約して固定費を削減

毎月のスマホ代が1万円だとしたら、1年間で1万円×12ヶ月=12万円という金額になりますね。

たとえば、今使ってるスマホと同じプランで5000円安くなるとしたら、年間で6万円の節約になります。

ほるほる家ではキャリア見直すことで月6000円、夫婦で1.2万円安くなりました。

年間で14.4万円の節約となると、10年で144万円もの無駄な出費がおさえられますね。

ほるほる家が節約したスマホ代

ほるほる家が節約したスマホ代

 

しかし学生のころから愛用していたドコモから変えるとなるとすこし抵抗がありました。

 

ほるほる
なかなかキャリアを見直す決断が出来なかったです。

 

だだ年間14万円の節約になるのはとても魅力的で、問題があればドコモに戻ればいいじゃん!という結論に至りました。

勢いみたいな感じで格安SIMに乗り換えたのですが、夫婦共々なんで早く乗り換えなかったのっ!って感じで格安SIMの使い勝手はとてもいいです。

 

格安SIMを使う大まかな流れを徹底解説

ここからは格安SIMが使えるまでの大まかな流れを解説します。

  1. スマホ本体を用意
  2. 格安SIMを契約
  3. MNPの手続きをする
  4. スマホ本体に簡単な設定をする

 

格安スマホが使えるまでの大まかな流れは4つ

ちょっとめんどくさいですが、やることはとても簡単です。

詳しく解説していきます。

 

1.スマホ本体を用意

まずはスマホ本体を用意します。

いま持ってるスマホがドコモやau、ソフトバンクのキャリアスマホだとSIMロックがかかっているので、そのままでは使えません。

 

ほるほる
SIMロックという機能制限は、そのスマホを購入したのとは別の携帯電話会社のSIMカードを使えないようにするという制限のこと。

 

制限を解除することで対応できますが、キャリアによって通信規格があり、規格に合ったSIMを選ばなくてはいけません。

ちょっと無理そうと思ったら、格安SIMとスマホ本体を一緒に購入できるセット販売があるので、スマホの買い替えもあり。

スマホを長く使っていると動作が遅くなったり、対応アプリが少なくなったり、バッテリーの持ちが悪くなったりします。

経年劣化によるトラブルを未然に防ぐためにも、買い替えを検討してみましょう。

 

2.格安SIMを契約

1番でも説明しましたが、初心者の方なら格安SIMとスマホ本体を一緒に購入できるセット販売がいいかもしれません。

格安SIM会社ではスマホ本体とSIMのセット販売をしていて、通信規格など気にせず確実に利用できるのでとても便利。

「SIM」というのはOCNモバイルやUQモバイルのことをいいます。

ドコモやauも「SIM」ですね。

本来はスマホ本体とは関係ないので格安SIMを契約しましょう。

つまり、毎月の料金プランを決定しているのがSIMということになるので、格安SIMをどこにするのかが超大事です。

因みにですが、下記の表は大手キャリアの料金です。

 

大手キャリア1GB3GB20GB20GB以上
au2,288円2,288円5,115円~7,238円(無制限)
ドコモ1,980円4,565円5,665円~7,205円(60GB)
ソフトバンク2,178円2,178円7,238円(無制限)7,238円(無制限)
povo(au)2,728円2,728円2,728円
ahamo(ドコモ)2,970円2,970円2,970円
LINEMO(ソフトバンク)990円990円2,728円

 

こちらは格安SIMの料金

格安SIM1GB3GB6GB10GB20GB
楽天モバイル0円1,078円2,178円2,178円2,178円
OCNモバイルONE770円990円1,320円1,760円
イオンモバイル1,078円1,298円1,628円2,068円2,398円
BIGLOBEモバイル1,078円1,320円1,870円3,740円(12GB)5,720円
mineo1,298円1,518円(5GB)1,518円(5GB)1,958円2,178円
Y!mobile2,178円3,278円(15GB)4,158円(25GB)
UQ mobile1,628円2,728円(15GB)3,828円(25GB)

 

大手キャリアと比較してみると、全体的に料金が安めなのが分かりますね。

格安SIMではスマホ本体を一緒に購入すると、高性能のスマホが2万円~3万円台。

高性能のスマホなんていらないよというかたなら、タイミング次第で1円からで手に入るので超おすすめです。

特に楽天モバイルやOCNモバイルONEでは、毎日といっていいほどキャンペーンを開催しているので、割安でスマホ本体の入手が可能。

 

ほるほる
ほるほる家では楽天モバイルとOCNモバイルONEを利用したことがあります。

 

どちらも3GBで契約していましたが、通信速度やサービスに特に不満が無く、低速モードにすればギガを消費しませんでした。

低速モードでもYouTubeやネットフリックスといった動画配信を見ることが可能。

時々読み込みが遅くなることがありますが、それさえ気にしなければ普通にみることが出来ます。

現在はOCNモバイルONEを契約していますが、高速モードでも別途無料のサービスを申し込めばアマゾンミュージックといったストリーミング音楽サービスの通信料を消費せずに利用できるのでとても便利。

OCNモバイルONEを利用している一番の理由は、高性能のスマホが超割安で手に入ったということ。

楽天経済圏でポイ活しているほるほる家ですが、ポイントの還元率が良い楽天モバイルも捨てがたく、それぞれの長所短所をほるほる家のライフスタイルに合わせた結果です。

 

OCNモバイルONE楽天モバイル
データ超過後の速度200kbps1Mbps
5G通信非対応対応
通話料22円/30秒22円/30秒
かけ放題オプション10分かけ放題:月額935円
トップ3かけ放題:月額935円
かけ放題:月額1,430円
無料
(Rakuten Link経由)
ネットとのセット割220円割引なし
ショップなしあり
違約金なしなし

 

 

 

3.MNPの手続きをする

今の電話番号を格安SIMで使いたいなら、MNPの手続きをしておきます。

MNPの手続きはとても簡単で、電話一本で5分もあればOK。

なので難しいことは一切ありません。

注意することがあるならば、MNPの手続きをすると必ず引き留めに合うので、強い意志でMNPをしてください。

「いまなら○○ポイントキャッシュバック」「○○のスマホを安く提供します」と魅力的な条件で引き留めてきますが、トータルでは格安SIM・スマホの方が得なので気を付けてくださいね。

 

ドコモ

【WEB・スマホでMNPの予約】

ドコモオンライン手続きから申し込み(dアカウントが必要)

 

【電話でMNPの予約

ドコモの携帯電話からは局番なしの「151」(無料)

一般電話からは「0120-800-000」をご確認ください。

 

au

【WEBでMNPの予約】

My au TOP  画面上部「スマートフォン・携帯電話」   ご契約内容/手続き  お問い合わせ/お手続き   MNPご予約

 

【スマホでMNPの予約

My au TOP  画面上部「スマートフォン・携帯電話」   ご契約内容/手続き  お問い合わせ/お手続き   MNPご予約

 

【電話でMNPの予約

0077-75470 携帯電話・一般電話 共通(無料)

 

ソフトバンク

携帯電話番号ポータビリティお問い合わせ窓口
ソフトバンク携帯電話から:*5533
フリーコール:0800-100-5533
受付時間:午前9時から午後8時まで

 

4.スマホ本体に簡単な設定をする

簡単な設定というけれどホント大丈夫?と思うかもしれません。

説明書どおりやれば問題ありません。

スマホの設定はショップ任せのほるほる妻でも一人でできたくらいの簡単さ。

難しいこと全然ないのですが、いざという場合でも無料でサポートしてくれるので安心ですよ。

 

ライフスタイルに合ったプランを

スマホはLINEやゲームがメインで、通話やメールあまり使わないなどご家庭によってさまざま。

格安SIM・スマホは使い方に合わせて料金プランが選べるので、無駄を減らすことができますね。

大手のスマホの料金プラは変更するのも手間で、ほるほる家が使ってる「OCN モバイル ONE」は簡単に毎月1回のコース変更ができます。

いつもはあまり使わないけど、来月は旅行に行くのでたくさん使いそう、といったケースでも、手軽にプランを選択することが可能。

ライフスタイルに合ったプランを選ぶことで、大きな節約効果になりますね。

-節約

Copyright© ほるほる家の節約と貯金ブログ , 2022 All Rights Reserved.