年間100万円貯金を超簡単に達成する方法

節約

初心者向け!年間100万円貯金を超簡単に達成する方法

ほるほる
  • 1年で100万円貯金したい!
  • 100万円貯金に挑戦したい!

 

そんなお悩みを解決します。

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

ほるほる家では2人の子供の学費のために、1000万円貯金を始めました。

100万円は大金なので貯金なんてムリ!

まして年間100万円なんて絶対ムリ!と思うかもしれません。

実は、貯金の理由を明確にして貯金を習慣化してしまえば、年間100万円の貯金は簡単に達成できます。

この記事では、年間100万円を貯金する考え方を解説しています。

具体的な貯金方法は、夫婦貯金ゼロからスタートし、5年で1000万円貯めたノウハウを以下の参考記事からてみてください。

 

関連記事【保存版】貯金1000万円達成までにやったこと!夫婦0からのスタートみてみる

 

なぜお金を貯めるのか?

お金が貯まらない理由の一つは、「なぜお金を貯めるのか?」という明確な目標がないことです。

このままだと、月末はなぜかお金が足りないといった状態が続き、いつまでたっても貯金なんてできません。

ほるほる家も老後が心配、子どもの学費を用意したいといった感じで、漠然とした理由から貯金の第一歩を踏み出しましたが、最初はうまくいきませんでした。

ここでは、お金を貯める明確な理由がなくとも、お金があることでこんな良いことがあるよというメリットを紹介します。

 

ゆとりある生活を送れる

ある程度のお金があると心に余裕が生まれるので、ゆとりある生活が送れます。

ほるほる家では貯金が貯金100万円を超えたあたりから、「仕事がクビになっても数カ月は生きていける」という余裕が生まれ、かなり精神的に楽になりました。

お金の不安を抱えたままだと、お金が関係ない問題でもイライラしたりするので、日々の生活が楽しく過ごせません。

夫婦の仲も悪くなりがちで、些細なことでケンカをしてしまうのはホントに無駄だなと感じてしまいます。

精神的に楽な生活ができれば、生活にハリがでるので、貯金は人生を豊かにしてくれます。

 

急な出費に対応できる

急な出費はいつ発生するかわからないですよね。

貯金があればそんなリスクを最小限に抑えることが出来ます。

家電や車の故障、事故や病気、冠婚葬祭や税金といったお金は数万から数十万円の費用が掛かってしまいますよね。

貯金がないと毎月の生活費からお金を出さなければいけなくなるので、いずれお金が足りなくなるのは時間の問題。

お金を借りることでその月は過ごすことが出来るかもしれませんが、翌月には払わなければいけないお金なので、なるべくお金を借りずに生活したいです。

じつは急な出費に備える貯金は節約効果があるんです。

保険を一括で払えば安くなることだってあるし、貯金があれば必要最低限の補償で十分になるので費用を抑えたプランでよくなります。

節約できればその分を貯金できるので良い事尽くしですよ。

急な出費に備える貯金は節約効果がある

将来の出費に備える

老後のお金や子どもの教育資金は、結構な額のお金が必要ですよね。

一括で払えれば問題ないのですが、ほるほる家では時間を味方にしてお金を準備しています。

つまり、早いうちからお金を積み立てるということです。

将来の出費に備えお金を積み立てておけば、子どもの大学進学をみすみすあきらめる必要はありません。

ほるほる家では学資保険を活用

自力で貯金できる習慣が作れたので、学資保険は必要ないかな?と考えたのですが、毎月無理のない金額設定で1万円を学資保険に回しています。

老後資金も同様で、貯金がないと生活資金が足りなくなります。

ほるほる家には、思い描いた老後の悠々自適な生活というものがあり、老後を生活のために毎日働く日々はなるべく避けたい。

ほるほる家では老後の資金として、つみたてNISA を活用。

毎月3.3万円を積み立てているので、年金とプラスしてお金を用意できればなと考えています。

 

関連記事積立NISA運用結果をブログで公開をみてみる

 

月5万で100万円貯金は可能か?

1年で100万円貯金はムリだという人もいるかもしれません。

確かに100万円は高額ですが、細かくすると意外といける金額なんです。

100万円を12カ月で割ると、1カ月当たり8.3万円貯金できれば達成可能。

イヤイヤ、8万円なんてムリ!というのであれば、ボーナスをまるまる貯金することで可能になります。

ボーナス20万円を年2回支給で合計40万円。

残り60万円を12カ月で割ると、月5万円貯金できれば年間で100万円の貯金を達成することが出来ます。

年100万円貯金は月5万円あれば可能

 

月収やボーナスから逆算してどれだけ貯めるかを決めておけば、なんか行けそうな金額だと思いませんか?

月5万円の支出はカンタンに節約することが可能。

生活習慣やお金の使い方を見直すと、工夫できる点が意外とありますよ。

 

月100万円貯金するための考え

うまく貯金できないと、「頑張ってるのにお金が貯まらない・・・。」と自分を責めてしまいがち。

最悪の場合、「貯金に縛られない生活でいいや!まあなんとかなるよ」と開き直りたくなっちゃいますよね。

 

ほるほる
うう・・・。節約なんてもうヤダ!

 

貯金に疲れてしまう理由って、意外とお金を貯める目標が原因かもしれませんよ。

ほるほる家は、老後が心配、子どもの大学費用を準備したいとの漠然とした目標で貯金を始めました。

しかし最初の100万円を超えるまで、なかなかうまくお金を貯めることが出来ませんでした。

 

ほるほる
もしかしたら子供は大学に行くことを望まないかもしれない。

 

親の世間体のために多額の学費を貯めようとしていないかという疑問が生まれました。

そこで!このもやもやした感じを払拭するために、お金の勉強を始めました。

保険相談、住宅展示場の無料セミナー、本やYouTubeを見てなるべくお金を掛けずに勉強しました。

そしてわかったことが1つあります。

お金を貯める本来の意味は、家族や自分にとって必要だと思うことを実現するためだということ。

学費の例でいうと、子どもが大学に行きたいと言ったら、その可能性をつぶさずに大学に行かせたい。もし行かないならそれでもいいという考えです。

ほるほる家は賃貸マンションに住んでいますが、その中でこれからも賃貸マンションに住み続けるという考えになりました。

新築の何千万もする家は、ほるほる家にとってとても贅沢なことですし、もし家を買うとしても、中古で十分だと考えになったからです。

周りの友人やSNSを見ていると、新築を建てたり、高価な車を買ったりしてとても充実しているなと感じてしまいます。

 

ほるほる
実際にそうは思ってなくても無意識に感じてしまうもの。

 

自分の芯をしっかりもってぶれずにいれば、本当に必要な目標に向かって必要なお金の貯め方ができます。

お金をしっかり貯められる人は、自分の考えをしっかりもっているからです。

他人のいいところだけを切り取った部分と比較してくじけるのか、目標をしっかり持って時間を有効に使いコツコツと貯金をするのか。

自分は何をしたいのか、家族のためになにをしたいのかがわかれば、本気でお金を貯めます。

自分や家族は将来何をしたいのか、それが必要なことだったら、本気でお金を貯めないといけないからですね。

 

関連記事【保存版】貯金1000万円達成までにやったこと!夫婦0からのスタートみてみる

-節約

Copyright© ほるほる家の節約と貯金ブログ , 2022 All Rights Reserved.