【超簡単】固定費をサクッと節約する方法

節約

【超簡単】固定費をサクッと節約する方法

ほるほる
  • 固定費を節約したい!
  • 固定費の節約ってどうやったらいい?

 

このような疑問を解決します!

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

固定費とは家賃、電気、ガス代といった毎月必ず発生する支払いのこと。

毎月支払う固定費を節約すれば、年間で数十万円のお金を貯めることができます。

その効果は絶大で、1000万円貯金を5年で達成できるほど!

節約するならまずは固定費を徹底的に減らしましょう!

この記事では超カンタンにできる固定費の節約方法を徹底解説しますよ!

 

毎月の固定費をチェック!

まずは毎月の固定費をチェックします。

家賃、ローン、電気、ガスといった毎月発生する支出です。

毎月の固定費がわかったら、節約できる支出をチェック。

例えばスマホ代を月2千円節約できれば、年間2.2万円貯金できる計算になりますね。

 

あなたの家の固定費は?

固定費といってもすべてを把握するのはなんだかんだで難しいですよね。

そんな時は、通帳やクレジットカードの支払いを確認するといいですよ。

100円でも毎月の支払が定期的にあれば固定費になるので少額でもチェックしましょう。

参考までにほるほる家の固定費はこちら!

  • 住宅費
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 保険料
  • 教育費
  • 車関係費(ローン・駐車場代)
  • サブスクリプションサービス料

 

住居費

住居費とは家賃や住宅ローンのことをいいます。

世間一般的に住居費の目安は収入の3割とされていますね。

しかし!

わが家はもっとシビアに収入の2.5割を設定。

手取りと家賃の目安は以下の通り。

年収手取り/年家賃の目安(2.5割)
200万円160万円3.3万円
300万円235万円4.9万円
400万円312万円6.5万円
500万円387万円8.1万円
600万円458万円9.5万円
700万円524万円10.9万円

 

月1万円の家賃を節約するだけで、年間12万円の貯金が可能になります。

 

ほるほる
2万円なら年間24万円なのでかなりでかい!

 

3割を超えていたら住居費の負担割合が結構高めになるので、他の固定費を調整する必要が有りますね。

 

水道光熱費

水道光熱費とはその名の通り、水道・電気・ガス代です。

2016年には電力自由化がはじまり、わが家も電力会社を変えてから年間で2万円節約できるようになりました!

電力会社の変更は、特別な工事もいらないので超カンタンにできますよ。

まだ電力会社を変えていない人は、今からでも全然遅くありません。

まずは電気料金プランをシュミレーションして比較してみましょう。

 

ガス代についても同様で、2017年からガス自由化が始まりました。

わが家は賃貸マンションに住んでいるので、気軽にガス会社を変えることはできませんが、戸建てに住んでいてプロパンガスを利用している方はチャンス!

プロパンガスの比較サイトで無料見積もりすればカンタンにガス代を節約できますよ。

 

\ガスも電気も無料で比較/

 

通信費

通信費とはスマホやインターネット代のこと。

特にスマホ代はカンタンに節約できるので、最初に見直したい固定費

大手のスマホ会社から格安SIMに乗り換えるだけで年間6万円の節約です。

わが家は夫婦2人で乗り換えたので年間14万円の節約になりました!

 

ほるほる
そうはいっても・・・。

 

その気持ちはすごくわかります。長年愛用してきたキャリアから乗り換えるのはとても抵抗がありました。

結局、勇気を出して乗り換えましたが、手続きもめちゃめちゃ簡単でこんなもんかって感じです。

懸念していたスマホのスピードも全然問題なく使えたので、もっと早く乗り換えてたらなという感想です。

 

関連記事【初心者向け】スマホ代を5000円安く!格安SIMの使い方徹底解説をみてみる

 

保険料

保険は万一に備えるためのものですが、家族構成やライフステージが変わることで、必要な保障もガラッと変わってきます。

わが家は子供が生まれて保険を見直すために、プロの専門家に相談をしたことがあります。

そこで判明したのが、必要のない保険に加入していたこと!

そういえば独身時代、会社に言われるがまま入った保険があって、子どもがいるライフスタイルに全然合っていないとのことでした。

働けなくなったり、失業したり、大きな病気になり、収入が途絶えるのは人生いつ起こるか分かりません。

ほるほる家はファイナンシャルプランナーというお金の専門家に保険を相談しました。

保険の相談をした結果、いまのライフスタイルに合った保険に入るべきとの考えになり、無駄な保証は一切はいらない!との結果に。

たくさんの保険から比較して提案・アドバイスをくれるので、わがままなほるほる家の提案をとても親身になって相談に乗ってくれたのを覚えています。

 

ほるほる
納得したうえで加入したかったので、嫌な顔せず2日も相談に乗ってくれました!

 

経験を5年以上積んだファイナンシャルプランナーしかいない点も信用できた点です。

\相談は完全無料/

 

保険を見直した結果、月3000円の節約になり、年間で3.6万円貯金できることとなりました。

 

教育費

子供がいる家庭は、養育費もかなりネックになりますがなかなか節約するのは難しいです。

わが家は2人の子供にスイミングとピアノを習わせていますが、月に3.5万円の支出となっています。

正直な話、節約するなら習い事を辞めさせるしかありません。

子どもの将来を考え、投資としてならまあOKかなと思い、とりわけ節約するということはしませんでした。

 

車関係費(ローン・駐車場代)

車の維持には当然ですがお金がかかります。

維持費の中でも固定費と呼べるものは以下の4つ。

  • 自動車税
  • 任意保険
  • 車検
  • 駐車場

 

自動車税や駐車場、車検費用というのはなかなか節約するのが難しいです。

なぜなら、自分の努力で節約できないからですね。

しかし、任意保険ならカンタンに節約できますよ。

方法は1つ!ネットで一括見積して比較するです。

ネットで申し込む保険は、店舗コストがかからないので、その分保険料がグッと安くなっているからですね

しかも店舗型と比較すると、ネット型は割引制度がかなり充実

インターネット見積もり割引や早期割引、ゴールド免許割引など利用すると数万円単位を節約できます。

ほるほる家もネット型に変更したら、年間で3万円の節約ができました!

ライフスタイルの変化や自動車を運転する人が変る場合など、契約のタイミングで見直しするのをおすすめします。

 

サブスクリプションサービス

サブスクリプションサービス(サブスク)とは、月額支払う定期サービスのことです。

具体的には、アマゾンプライムやネットフリックス、Apple Musicといったもの。

音楽を気軽に聞きたい、趣味を充実さえたいといった理由でサブスクを利用する人がほとんどかと思います。

しかし利用しているサブスクを見直すと、意外と使いこなせていないサービスがちらほらあるはずです。

わが家もサブスクを利用していますが、本当に必要なものだけ厳選しました。

解約例

レシピを調べられるサブスク

いつも決まったレシピを見ていた。100個も200個もレシピを見ないので、無駄だと思い解約。

本読み放題のサブスク

加入当時は頻繁に利用していたが、最近は本を読む時間がとれず利用しなくなったので解約

 

月間で1500円ほど節約になったので、年間1.8万円の貯金が出来るようになりました。

サブスクはとても便利で生活に刺激を与えてくれますが、使っていないサービスがあれば思い切って解約してしまいましょう。

 

固定費の節約はとてつもない効果がある

一度、固定費を見直してしまえば、継続的に効果が表れます。

節約したい!とおもったらすぐに取り掛かってしまいましょう!

わが家は固定費を見直したことで、お金が簡単に貯まるようになりました。

固定費の見直しは無料で相談・比較できるものがあるので、どんどん利用しやいましょう!

 

関連記事

-節約

Copyright© ほるほる家の節約と貯金ブログ , 2022 All Rights Reserved.